SEO

SEO対策のメリット!ユーザーファーストとその本質とは何かを伝授

SEO対策を行うメリットってなんなのでしょうか?

 

 

その本質や掲載順位の決め方なども気になるところですね。

 

SEOというのは、Search Engine Optimizationの略でその頭文字をとったものです。

 

 

このSEOですが、突き詰めると終わりがない、こだわれば底がないと言っても過言ではありません。

 

 

事実、このSEOだけで食べていってる人もいるくらい奥が深いものです。

 

アドセンスにしても、順位が少し下がるだけで、膨大なアクセスが減ってしまうこともあります。

 

 

そこで、よく言われるのがユーザーファーストです。

 

では、このユーザーファーストとはどうゆうものか、その本質は何なのか?

 

これらのSEO対策についてアドセンサーがここだけは知っておいたほうが良いことを載せてみます。

 

 

この記事では、SEO対策を行うメリットやユーザーファーストとその本質について解説します。

 

SEO対策を行うメリット

 

SEO対策のメリットはブログ記事に関心の高いユーザーの獲得できることです。

 

 

それには、あなたのブログ記事に関心の高いユーザーの獲得をするためのテクニックが必要です。

 

Google(グーグル)はユーザーが何かキーワードを検索窓に入れたとき、それに関連する情報をネット上から見つけて提供してくれます。

 

 

なお、ユーザーは、あなたの記事に自分が知りたい答えを求めてやってきます。

 

だから、一番最初にやらなければいけないことは答えの提示です!

 

 

そのため、あなたはそのキーワードにより適したSEO対策をしていかなければいけないということです。

 

 

SEO対策の一番のメリットはコストをかけずに集客ができるところにあります。

 

そこで、アドセンサーが目指していくSEOというものは、いかにユーザーやGoogleから評価を得るかです。

SEO対策はユーザーファーストが重要視される

 

SEO対策で重要視されるのが、ユーザーのニーズにいかにマッチした質の高い記事内容かということです。

 

 

つまり、検索ユーザーの為になるブログ記事を心がけるということです。

 

Google(グーグル)は質の高いサイトを上位に表示させ、質の低いサイトを落とします。

 

 

それを回避するには、ユーザーの疑問や悩みに最も適した答えを提示していかなければいけません。

 

 

記事の内容が薄い質の低いコンテンツでは、Googleの評価も落ちます。

 

Googleのコンセプトに沿った記事作成をしていくことです。

 

 

いかにユーザーの為になる記事がどれだけ書けるかが大事だということです。

 

 

あなたは、ユーザーにどれだけ目を向けて記事を書いているか。

 

結果、ブログへの滞在時間にも繋がり、グーグルの評価にも繋がってきます。

 

 

ユーザーにどれだけ有意義な情報を提供できるかで、はじめてSEOの効果があるということです。

 

 

そのためには、文章の中身が充実したユーザーを満足させるコンテンツを作る必要があります。

 

また、ブログには目次や内部リンクをつけユーザーに適切なページを提供できる仕組みも充実させれることです。

 

 

あとは、まめに記事更新をして記事数を増やし、現在も稼働中のブログであることをアピールします。

 

 

こうしてGoogleの評価とユーザーの評価を高めていくことがアドセンサーが行っていかなければいけないSEO対策です。

 

 

なお、ユーザーの為になる記事を書くときに役立つのがペルソナの設定です。

 

ペルソナの設定のやり方や使い方については、下にある記事で詳しく説明しています。

 

SEO対策に必要なユーザーファーストの本質とは何

 

SEO対策は、突き詰めれば底がないと言いましたが、これはあくまでSEOテクニックのことです。

 

 

私たちアドセンサーのSEO対策は、ユーザーのためにはここまでかというくらい情報提供することです。

 

では、そのユーザーファーストの本質とは何かお分かりでしょうか。

 

 

検索ユーザーが欲しい答えを提示できないサイトはGoogleからもユーザーからも評価が下がります。

 

つまり、Googleは、信頼できる記事と質を重んじて評価をつけているのです。

 

 

そこで、あなたのアドセンスブログではユーザーが欲する良質なコンテンツを提供していくことです。

 

 

ブログ全体のアクセスの底上げにもこれが繋がってきます。

 

 

たとえば僕の例ですと、ある商品の説明をしたときのことを紹介します。

 

 

商品の大まかな説明や使い勝手、価格、購入できる店舗やサイトなどはあたりまえですよね。

 

その商品のときは、どうしてもユーザーに知っていただきたい物でしたので力を入れて記事作成しています。

何をしたかと言うと、その商品を自分で数個購入して、壁や床に投げつけたり、踏んでみたりもしました。

紹介する商品の耐久性を調べるためにここまでして、ユーザーに説明していましたね。

 

あなたにここまでしてくださいとは言いませんが、これがユーザーファーストの本質です。

 

 

これの積み重ねが後にSEO対策に繋がってきます。

 

SEO対策のための良質な記事作成ではなく、良質な記事作成を心がけた結果SEO対策に繋がったというのが理想です。

検索エンジンの掲載順位の決め方

 

検索順位は、検索エンジンアルゴリズムによって決まります。

 

このGoogleのアルゴリズムの基準はもちろん明かされていません。

 

 

その種類は膨大なものとなり一朝一夕ではとうてい理解できません。

 

ですが、決まる手順は大まかに覚えておく必要があります。

 

以下の項目はアドセンサーが最低限実行していかなければいけないSEO対策の基準となります。

 

SEO対策の基準

・タイトル

・コンテンツ

・ページボリューム

・重複する記事

・アンカーテキスト

・被リンク

 

タイトルというのは、ブログ記事のタイトルと記事内容がマッチしているかということです。

 

 

コンテンツというのは、内容がユーザーファーストか、質の良い情報かということです。

 

ページボリュームというのは、情報量が少ないページということです。

 

 

重複する記事というのは、ブログ内に同じ内容の記事がないかということです。

 

少しだけ書き方が違う類似性のある記事や、キーワードがずらしてあるだけはこれに当たります。

 

 

アンカーテキストというのは、内部リンクを充実させるということです。

 

その送るリンクがどんな要素でリンク先のページに繋がっているかが重要です。

 

つまり、アンカーテキストの要素とリンク先の要素に一致する関連性がなければいけないということです。

 

 

被リンクというのは、質の良い関連性の高いリンクをGoogleは重視しているということです。

 

自作自演のリンクを貼ってもGoogleの評価は期待できません。

 

むしろ悪影響となる場合もあります。

 

 

突き詰めれば、検索順位の決め方は、まだまだ奥が深いです。

 

しかし、アドセンスブログの運営では最低限これくらいは憶えておきましょう。

まとめ

 

SEO対策のメリットはブログ記事に関心の高いユーザーの獲得できる。

 

 

SEO対策はユーザーファーストが重要視される。

 

検索ユーザーの為になるブログ運営を心がける。

 

質の低いコンテンツでは、Googleの評価も落ちます。

 

 

あなたのアドセンスブログではユーザーが欲する良質なコンテンツを提供していくことです。

 

SEO対策のための良質な記事作成ではなく、

 

良質な記事作成を心がけた結果SEO対策に繋がったというのが理想です。

 

 

検索順位は、検索エンジンアルゴリズムによって決まります。

 

このGoogleのアルゴリズムの基準はもちろん明かされていません。

-SEO
-, , ,