アドセンス

ペルソナ設定は必要?やり方や使い方と複合キーワードとの関係も解説

ペルソナの設定は必要あるのか、ないのかはアドセンサーなら気になりますよね。

 

 

しかも、架空の人物像を追い求める作業ってむずかしいのではと思わないですか?

 

また、ここでやり方や使い方を失敗するとアクセスにも響くのではと不安にもなります。

 

 

アドセンスの特徴は、アクセス数が収益の要となりますからね。

 

 

そんなペルソナ設定ですが、しなければ、ブログ記事にどんな影響あるのか?

 

このアクセスというものを集めるにはどうしていけばいいのか。

 

 

そのためには、あなたのアドセンスブログの記事に関心のあるユーザーを集めなければいけません。

 

 

そこで重要となるのが、ペルソナというわけですが、本当に必要なんでしょうか。

 

ここでは、ペルソナの設定は必要なのかや、やり方と使い方、複合キーワードとの関係についても解説します。

 

ペルソナ設定は必要ない

 

ペルソナ設定ですが、答えから、ズバリいいますと、必要ないです。

 

 

仮想の人物を事細かに、妄想してる暇はアドセンサーにはないのです。

 

アドセンスブログのペルソナ設定に、事細かな詳細設定は無駄です。

 

 

よく考えてみてください、こんな存在しないどこの誰かの名前やら年齢やら考えても仕方ないです。

 

 

こんなの思い浮かべて設定しなさいって言われても、あなたできますか?

 

それにばかり、時間を割くことにもなり、結果記事作成も進まないというのが末路です。

 

そこで、一番手っ取り早い方法が、自分自身をペルソナの代わりにしてしまうことです。

 

 

 

 

これで、ペルソナ設定の一人目が出来上がりです。

 

 

性格や価値観から、普段の口癖、今抱えてる悩みまで事細かに設定できます。

 

これなら、詳細にペルソナのプロフィールも出来上がります。

 

要は、自分が今まで歩んできた人生を振り返り、ユーザーの悩みに答えてあげることです。

 

 

なお、記事を書くときには、「あなた」に向けて書くというのがコツです。

 

 

 

 

こうすることで、ユーザーの悩みに、感情移入させての記事作成ができるようになってきます。

 

 

自分をペルソナにするのは効果的ですが、弱点はたった一人しか設定できないことです。

 

では、それを補うための二人目以降のペルソナ設定はどうするのか?

 

 

これも、架空の人物以外で設定するには自分の周辺でペルソナを探すことです。

 

たとえば、家族や友人、親戚なら家族構成や性格、職業、価値観、悩みなど素早く揃えられます。

ペルソナの設定とやり方や使い方

 

ペルソナは必要ないといいましたが、やり方や使い方の基本は覚えておいて損はないです。

 

あなたに、時間が十分にあり、しっかりユーザーを絞り込みたいときには力を発揮します。

 

 

ペルソナの使い方は、具体的に設定された架空の人物像を元に記事作成に利用します。

 

ターゲットにしていきたいリアルなユーザー像です。

 

 

大手企業のようなところでは、お客様の商品へのニーズを調べるのには必要不可欠です。

 

ペルソナを具体的に設定することで、より満足してもらうテクニックなんです。

 

 

このペルソナが設定されてないと、記事内容にもブレが出てくるためユーザーに響く記事ができないです。

 

 

できれば、ペルソナを1人の架空人物まで絞り込んで設定することです。

 

ペルソナを設定するコツは、ターゲットとなる人物像の詳細なプロフィールを設定することです。

 

 

たとえば、名前・年齢・性別・未婚・既婚・家族構成・職業・年収・性格などです。

 

 

このように、一人の人物像を事細かに設定していくことをいいます。

 

では、アドセンスブログにこのペルソナ設定をどうやって活かしていけば良いのでしょう。

 

 

もちろん、ここまで詳細に時間を裂いてまで考えるわけにもいきません。

 

はっきりいって、初心者ならなおさらのことで、記事作成に掛ける時間の無駄です。

 

なので、前章でも書きましたが自分や家族、友人など周辺にいる身近な人をペルソナにすることです。

ペルソナより複合キーワードの設定が重要

 

架空のペルソナ設定は必要ないですが、複合キーワードの設定は重要です。

 

 

自分をペルソナに設定したら、次はキーワードの設定となります。

 

この複合キーワードの設定がブログ記事を書く場合にとても重要になってきます。

 

 

もし、卒業式の服装を調べているユーザーがいたと仮定します。

 

 

このユーザーに対して『卒業+いつ』、『卒業+中止』

 

というようなキーワードでタイトルを付けたとしましょう。

 

 

ユーザーは、この記事を見てどうおもうでしょう。

 

読みたいと思いますか?きっとスルーしていきますよね。

 

 

ユーザーの悩みは、服装であって、日程や中止ではないからです。

 

そこで、重要になってくるのが複合キーワードの正しい設定です。

 

ユーザーが何で悩んでいるのか、何を求めているのか?

 

 

それを、あなたのブログで答えを探すために複合キーワードは必要なんです。

 

たとえば、この例だと『卒業式+服装』という2語キーワードが正解となります。

 

 

ですが、「卒業式の服装はどんな色がいいか」や「卒業式の服装はどんなのが流行っているの」

 

 

こう悩んでいるユーザーにとっては、『卒業式+服装』でも足りないんです。

 

そこでより深くユーザーの悩みや求めているものを深堀りしなければいけません。

 

 

自分の気持ちになって考えてみると、ここは『卒業式+服装+色』や『卒業式+服装+流行』

 

 

このようにキーワードをより具体的にしていかなければいけません。

 

今回の例もあなたに置き換えて考えてみることです。

 

 

あなたがもし、お子さんがいて、卒業式で下のように悩んだことがあれば、これもネタになるということです。

「上の子の卒業式で着た同じ服装では嫌なので新しいのが買いたいけど今年は何色が流行ってる?」

 

「来月は娘の卒業式でが、最近太りだしてきたので、どんな服装でいけば体型が目立たないか」

卒業をテーマに記事作成するときに、あなた自身をペルソナに設定するとはこういうことです。

 

こうしてペルソナの設定ができれば、より具体的にあなたのオリジナルな答えをユーザーに与えていけるのです。

 

 

この例だと悩みは、「流行りの色」、「体型が気になる」ですよね。

 

『卒業式+服装+色』、『卒業式+服装+体型』などですね。

 

 

ここが基本となり、さらにあなたの経験などあれば、そこも深堀りしていくということです。

 

つまりは、困っている人の心に刺さる記事が作成できるということです。

 

 

自分の経験を元にできるアドバイスや回答というものは結果Googleからの高評価にも繋がりSEO対策にもなります。

 

このSEO対策については下記の記事で詳しく解説しています。

 

 

また、ユーザーの目線に立つと、自分では考えつかないようなキーワードが出てくることもあります。

 

それを調べるのに僕がお世話になっていたのが、Yahoo!知恵袋です。

 

 

ここでは、ユーザーがいろいろな悩みを打ち明け、回答を頂いています。

 

Yahoo!知恵袋で『卒業式+服装+色』と検索するとさまざまな質問がされています。

 

ユーザーが具体的に何を求めているのかが手にとるように分かります。

 

 

 

このようにユーザーの目線に立つと3語でも足りない場合もあります。

 

そのときは、4語でも5語でも構わないので深堀りしていくことです。

 

ただし、むやみに複合キーワードを並べるだけではいけません。

 

 

複合キーワードが増えすぎると、ターゲット層が広するため2語キーワードまでの需要が分散してしまいます。

 

 

複合キーワードの決め方やメリット、デメリットについては、下記の記事で詳しく説明しています。

 

 

つまり、あまりにも的確に絞り込むと検索してくるユーザーの数もそれだけ減ることになるからです。

 

ここは臨機応変に、数をこなして感覚を掴んでいくことです。

まとめ

ペルソナ設定は、アドセンスブログに必要ないです。

 

ペルソナ設定のやり方や使い方は、具体的に設定された架空の人物像を元に記事作成に利用します。

 

ここが設定されてないと、記事内容にもブレが出てくるためユーザーに響く記事ができないです。

 

ペルソナ設定よりも複合キーワードの設定が重要です。

 

-アドセンス
-, , ,